妊娠&出産

妊婦検診の費用を補助する助成券制度とは?気になる補助額はいくらなのか

更新日:

妊娠すると、お腹の赤ちゃんの健康状態とお母さんの健康状態を確認するために、定期的に健診を受けることが決まっています。

ところが、この妊婦健診は、保険適用外の自由診療となっており、1回の健診で約5,000円前後のお金がかかるのです。

そこで、少子化対策の一貫としてできた制度がこの「妊婦健診費の助成制度」です。

妊婦健診助成でもらえるお金は?

妊婦健診助成制度ですが、基本的には14回分の妊婦健診費用が助成されることは決まっています。

ところが、それぞれの地方自治体によって金額がかなりバラつきがあり、助成される内容も変わっているってご存知でしたか?

一応、どのくらいの健診を助成してもらえるかという目安として、一部の市町村をこちらに掲載しておきました。

 

東京都板橋区

妊婦健診の助成制度の詳細はこちら

  • 初回9,680円
  • 2回〜14回目まで5,160円

 

千葉市

妊婦検診の助成制度の詳細はこちら

  • 超音波あり健診 9,000円
  • 超音波なし健診 4,000円

 

大阪市

妊婦健診の助成制度の詳細はこちら

  • 初回 24,850円
  • 2回〜14回目まで 3,750円
  • その他 約20,000円の助成あり

 

横浜市

妊婦検診の助成制度の詳細はこちら

  • 4,700円☓12枚
  • 12,000円☓2枚

 

多くの自治体は、助成できる金額や検査内容をきっちりと役所のホームページで公開しています。そのため、妊娠してプレママさんになったら、自分の住んでいる地域のサイトを確認してみましょう。

各市町村役場で交付された補助券ですが、指定された産婦人科でしか使用ができません。そのため、里帰り出産などをする場合は、事前に補助券が使えない病院で受ける健診費用の助成がどうなるのかを確認しておくことも忘れないようにしてください。

 

 

申請時期はいつ?

妊婦健診助成制度を利用したい方は、基本的に母子手帳を交付してもらった時に申請を行います。

そのため、必ず母子手帳の交付手続きを行う際は、加入している健康保険証と認め印(シャチハタ不可)と母子手帳交付許可証を持って行きましょう。

※母子手帳交付許可証は不要の自治体もあります。

また、母子手帳をもらった後で、違う市町村へ引越しした時は、その引越し先の市町村から交付される妊婦健診助成券が必要です。

 

紛失した妊婦健診補助券

もし、妊婦健診補助券を交付してもらったけど、失くしてしまった時ですが、基本的には再発行不可となっている自治体が多いです。

でも、もし使い切っていない状態で失くしてしまった時は、必ずお住まいの市町村で確認をして再発行をしてもらえるかどうかを確認してみてください。

少子化なので再発行に応じてもらえるかもしれません。

 

実際にかかった妊婦健診費用

こちらは、ママ友さんのご協力を経て、実際に妊婦健診費用をまとめたものです。

高い地域もあれば、安い地域もあって、産院ごとに大きく違っているので、参考にしてみてください。

妊婦健診補助券とは?健診費用は無料になるというのは勘違い

ちなみに、大きな病院のほうが安いのかな?と思ったらそうでもないということ。

特に、首都圏では妊婦健診から出産までにかかるお金はとても高くつくため、出産一時金ではまったく足りないということがわかってびっくりしました。

少子化対策と言って、国はいろいろなことをやってくれてはいますが、子供1人を生むためにかかるお金、更に社会人にするまでにかかるお金を合わせると、家が1軒建つレベルになります。

できれば、学費を全く無料にするとか、そういう対策をして欲しいと思っています。

 

-妊娠&出産
-,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.