妊娠&出産

里帰り出産を2回、体験して失敗したことを赤裸々に公開します!

投稿日:

初めてのお産の時は、できれば里帰り出産を推奨します。

しかし、里帰り出産をしてしまうと思わぬトラブルになる可能性もあり、そんな私が体験した里帰り出産したがための失敗談をお伝えします。

 

初めてのお産で失敗したこと

私には3人の子どもがいます。第一子と第二子の出産のとき、私の両親は離婚をしていなかったので、母が仕事を3週間ほど休み、里帰り出産をすることになりました。

実家はそんなに遠くなかったので、産休に入ってから約1ヶ月は嫁ぎ先で過ごし、出産予定日の約3週間ほど前になってようやく里帰りをしました。

実家の母も、初孫の誕生ということでとにかく張り切って準備をしてくれていました。産前から、家事も一切しない、床の間に飾り立てられたような生活を送り、至れり尽くせりの状態で過ごしてました。

産後も同じように、授乳以外は一切しない状態、ほとんど何もせずに3度の飯を食べて授乳をするという生活だけしていました。

しかし、嫁ぎ先の両親が「そろそろ帰ってきてくれ!」という連絡を持ってきたのが産後6週間くらいのとき。

もう私の頭の中はパニックで、もう帰らなければならないのか…と思ったときに起こったのです。

そう、帰りたくない…という産後クライシスってやつです。涙が溢れてきて、旦那さんに会いたいけど帰りたくないというなんとも言えない微妙な気持ちで、とにかく悲しいわけではないけれど涙が止まらなくなりました。

そして、そんな不安定な状態で家に戻ると、今度はストレスを発散する場所がないため、旦那さんが何もしないことにだんだんと腹が立ってくるのです。

仕事は夕方6時〜7時になって終わっているのですが、友達や同僚と飲みに行き、なかなか帰ってこないということに腹が立ってきました。

ただ、私がちょっとした変化があると義母が手伝ってくれて、義祖母もいましたのでかなり育児の面では助けてもらいました。

きっと旦那さんと2人っきりの生活だったら…産後クライシスとなっていたと思います。

男性もなってしまう産後クライシスとは?私が体験したことをまとめます

 

2人目の出産で失敗したこと

 

 

1人目の出産から約2年半後に2人目を出産しました。

ちょうど上の子が2歳6ヶ月のときで、実家の母がまた休みをもらうからお産はこっちでと言われ、私も自分の母のほうが楽だったので、お世話になることにしました。

出産前日の夕方、夕食を作っているとなにか体の異変に気づきます。トレイにいくとおしるしがあって、義母に言うと産婦人科に連絡してくれて、これからお産の支度をして入院するように言われました。

できれば夜8時〜9時くらいの間に入院をしてほしいとのこと。

まだまだ甘えたいお年ごろだったのですが、上の子には「ママは赤ちゃんを産むために病院に行ってくるよ〜」と伝え、彼女も納得しれくれたのか、こくりとうなづきました。

その後、順調に陣痛がやってきて、真夜中の3時30分くらいに出産。男の子でした。

退院後は、実家のお世話になるということになっており、上の子は嫁いだ先の義父と義母が面倒を見るということになっていました。

入院中は、車で毎日、旦那さんや旦那さんの両親が上の子を連れて来てくれていました。

そして、忘れもしない嫌な出来事が起こります。

退院後、実家に戻ったわけですが、退院ですから旦那さんが上の子と一緒にきて、私と生まれた赤ちゃんを実家まで送り届けてもらい、みんなで夕食を食べたわけですが…

旦那さんがいつもは実家で浴びるほど飲むお酒を飲まないことに気づいたのでしょう。

普段は、わがままなことを言ったことがない子で、どんな状況でも聞き分けのいい子だったのに、その日に限ってぐずりはじめ、いきなり暴れはじめ、いざ帰るとなった時には手がつけられない状態となったのです。

もう、私は涙が溢れてきてしまい、実家の母に私も帰りたい…と告げました。でも、産後ですから、こればかりはどうにもなりません。

時代のせいではありますが、同居しているから仕方のないことなのでしょう。

今思えば、実家に上の子を連れてくれば何も問題なかったとわかるのですが、こればかりは本当に一生忘れない苦い思い出です。

お産して2ヶ月ギリギリまで実家で過ごす予定だったのですが、上の子のことが心配で床上げと同時に家に戻りました。

 

今、思い出すと嫌な記憶です。

上の子に当時のことを覚えているか?と聞いたら、一切覚えていないと言っていましたが…当時は、胸を引き裂かれるような辛さでした。

未だに鮮明に覚えていますし、一生忘れない出来事です。もしプレママさんに同じような立場の方がいて、相談されたら連れて行くべき!とアドバイスします。

 

 

-妊娠&出産
-,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.