妊娠&出産

妊娠から出産までにいくらのお金がかかるのか?私が払ったものをまとめてみた

投稿日:

妊娠すると最初に検査キットを買ってそれから産婦人科の診察を受けてませんか?しかし、その後、妊婦健診や出産までにいくらのお金がかかるのか。そんな不安ありませんか?

そこで、私が実際に体験した妊娠から出産までに支払った医療費のことについてまとめてみました。

 

妊娠して出産までに支払う医療費

はじめて妊娠をすると、誰もが気になるお金のこと。

基本的に、医者に行くときって病気で行くのが通常なので、診療費は健康保険の摘要となり自己負担は多くても3割がMAXとなります。

ところが、妊娠というのはそもそも病気ではないので、健康保険の適当はほとんどありません。特に赤ちゃんの健康を診るための診察は病院ごとに設定できる自由診療というものになっていて、基本的に妊娠したときの診察代は100%自己負担となります。

わかりやすく言うと、美容整形や脱毛を行う美容クリニックと同じ扱いとなるのが産婦人科の妊婦健診なのです。

 

妊婦健診

まず、妊娠しているかどうかを検査し、お腹の中の赤ちゃんが元気なのかを確認してもらうために病院へ行きます。

それがはじめての診察となり、初診料が加算され、その他の尿検査、エコー検査などが入っておそらく約5,000〜8,000円くらいが診察代となります。

実は、妊婦健診は約10回〜14回くらい受けることになるのですが、私が第一子を産んだときは、厚生労働省指定の血液検査、NSTなどの一部の検査は無料で受けられましたが、ほぼ毎回、妊婦健診時には会計をしており、生まれるまでに10万円近い医療費を払っておりました。

ところが、法改正が行われ、3人目を産むときには、母子手帳をもらうと「妊婦健診助成制度」がついてきて、通常の妊婦健診費用は無料となりました。(凄い違いがあると思いましたもん!)

妊婦検診の費用を補助する助成券制度とは?気になる補助額はいくらなのか

この無料になる健診の内容ですが、主に基本健診が公費から支払われます。(基本健診とは、問診・診察・血圧測定・体重測定・腹囲・子宮底長測定・尿検査・保健指導のみ)と定められています。

妊娠26週〜27週あたり検査(貧血検査・HTLV-1抗体検査別・血糖検査・超音波検査・性器クラミジア)をします。また、36週あたりにも検査(貧血検査・超音波検査・B群溶血性レンサ球菌検査)をします。

ほとんどの自治体では、完全無料で妊婦健診を受けることができるわけではなく、妊娠26週あたりの検査と妊娠36週あたりの検査は、ほぼ自己負担となるものなのです。

そのため、私もこの2つの検査のときには約35,000円ほど払って妊婦健診を受けました。

 

妊婦健診補助券とは?健診費用は無料になるというのは勘違い

※一部市町村では一旦全額支払って、産後にまとめて領収書を出してというところもというところもあるので、母子手帳交付の際に必ず確認してみてください。

一口に妊婦健診補助があるからと言っても、お住まいの自治体はいくらまで補助してくれるのかというのは違っていますので、事前に確認しておくことも大切です。

 

 

分娩費用

分娩費用は、主に出産と新生児管理費に加えて、入院費がかかるため、約5日の入院でも35万〜45万というのが平均的な費用になります。

ところが、首都圏になるとこの金額では出産はできないということがわかりました。首都圏での平均額は55万〜85万円となっていて、出産一時金ではどこも賄えないということが判明しました。

子供を産むのにどうしてこんなに高いのかと思いました。

 

そもそも産婦人科というのは、妊婦健診も出産も自由診療となっています。通常のお産だけなら出産する時間帯 が夜22時以降だと高いとか、日曜祝日だと高いとかあるのはわかります。(年末年始の真夜中のお産となると驚くほど費用が跳ね上がります!)

しかし、最近では出産するときのオプションがついており、手厚いサポートをしてくれる病院がどんどん増えました。

全室個室(シャワートイレ付き)なんてものがあると、その病院の出産費用は高くなります。中には旦那さんも上の子も宿泊OKという産院もあります。

何よりも豪華だと思うのはご飯です。お産は病気ではありませんから、とにかく豪華で栄養価の高いメニューを提供してくれ、中には自分の好きなご飯を選べる!という産院もあります。

そして、私が3人目を産んだクリニックでは、ちょうどおやつが出される前後の時間になると足つぼマッサージ&頭皮マッサージをしてくれるサービスもありました。

洗濯も自分でするのではなく、クリーニング屋さんがやってきて朝持っていて夕方6時くらいにきれいにたたまれて戻ってくるという産院もあります。(1人目の病院がコレでした!)

こういうお産する以外のサービスが多いほど、出産費用は高くなるのです。

 

私が出産で入院した時に支払ったお金

  • 1人目 38万(入院期間7日間)
  • 2人目 42万(入院期間7日間)
  • 3人目 25万(入院期間12日間)

※3人とも別のクリニックですべて個室に入院。3人目はLDRがある病院でお産をしました。

3人目の時、予定日2週間前の健診で、妊娠高血圧症候群と診断されてしまい、事前に1週間程度入院をしました。そのため病気扱いとなり健康保険が適用されました。

また赤ちゃんが低体重児という診断と、黄疸が出たことで一定期間だけ保育器を利用しました。それが生まれた時から医療行為となりました。

そのために、思わぬ安いお産費用で済みました。(入院したので生協の共済に請求しています。)

 

妊娠したら保険に加入できるのか?妊婦さんでも入れる保険についてのまとめ

 

その他医療費

妊娠中に風邪を引いたり、虫歯になったりすると、当然ですが医療費がかかります。また、妊婦になると便秘になったり、痔になったりもします。中には、皮膚が乾燥して痒みが止まらなくなる方もいます。

妊娠前にはなかった体調不安が出てきます。赤ちゃんがお腹にいるため、むやみに市販の薬を飲むことはNGですから、少しでも体調が悪いかもしれない…と思った時は、早めに産婦人科やその他の医療機関を受診します。

妊娠中であっても、病気と診断されれば健康保険が適用になり、自己負担はMAX3割で済みます。

ちなみに、歯科検診を妊娠中に受けておくと1回は無料になります。(これは自治体の補助で受けられるのでお住まいの自治体に確認してみてください)

※一部の市町村では、妊娠中にかかった病気の医療費を全額補助してくれる制度を設けている自治体もあります。お住まいの自治体に確認して、どういう手順で受診すれば医療費が無料になるのかも、母子手帳交付時に確認しておくといいでしょう。

 

医療費は確定申告対象!

妊娠して出産をすると、生まれる月によってですが2年くらいの医療費控除を受けることができます。

医療費控除は、補填された金額を引いたものが実費で10万円を超えたときに、控除金額として所得から差し引かれて、所得税や住民税などに反映されます。

10万円も使っていないわ…ということはお産ではありえないので…ぜひ、医療費の領収書を1月1日〜12月31日までの分は保管しておき、忘れずに医療費控除を受けて税金を取り戻してください。

医療費控除だけを申告する人は、受付はいつでも確定申告できますので、混み合っている2月16日〜3月15日は避けておくのがいいです。

医療費控除の確定申告ですが、5年前までさかのぼって申告できますので、領収書さえあれば修正申告をしてみましょう。過去の税金が安くなって還付されるかもしれませんよ!

 

 

-妊娠&出産
-, , ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.