妊娠&出産

妊娠検査薬はいつから使える?フライング検査にならないための正しい使い方とアドバイス

投稿日:

もしかして妊娠したかも!?

と思ったとき、かなり便利なのが妊娠検査薬。

私、3人子どもがいて、その妊娠を確かめるために頻繁にお世話になっていました。

今、ドラッグストアでも売られており、簡単に入手できますよね?そこで、いつから使うのがいいのか、フライングにならないための正しい使い方について解説します。

妊娠検査薬はいつから?

妊娠検査薬で陽性反応がでるのが、生理予定日の1週間後くらいからとなります。

例えば、妊娠前の生理が5月4日から来て、次の生理予定日が6月1日だとしましょう。最速で検査薬の反応が出始めるのが、次の生理予定日の1週間後くらいになりますので、6月8日あたりから妊娠検査薬を使うことができます。

ただし、生理周期が28日という方の場合になりますので、周期が長めの方は10日後くらいのほうがいいのかもしれません。

でも、赤ちゃんを待っているママさんにとってはこの1日ってのが非常に長く、できればすぐやりたい〜と思ってしまうものなんですよね。

1日違うだけで陽性がでなくってもう一回なんてこともあります。

そこで、市販されている妊娠検査薬ではなく、アメリカで使われている妊娠検査薬を使ってみるという方法もあります。

アメリカ Wondfo

引用元:http://ponckg.blog71.fc2.com/

私がヤフオクを利用していたときにも同じアメリカのFDAマークがついた妊娠検査薬が売っていて、排卵検査薬とセットで買っておりました。1,000円くらいで買えるのはかなりオトクです。

こちらのアメリカ製の妊娠検査薬ですが、早期妊娠検査薬となっていて、予定生理日から3日くらい後に使用しても反応する試験薬なんですよね。

そのため日本製のものよりも反応がいいと思います。

 

妊娠検査薬の正しい使い方

まず、妊娠検査薬というのは、尿の中にhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が出ているかどうかで判断する検査方法。

必ずおしっこで検査しますので、使い捨ての紙コップを準備しておくのがいいと思います。(汚い話ですが、直接かけるとあちこちに飛び散るのでオススメしません。)

紙コップの中におしっこをとっておきます。

スティックの先端をそのまま紙コップの中にいれて5まで数えたら引き上げてOKです。

そのままスティックを横にして反応が出るのを待ちます。このhCGがいっぱい出ているとすぐに陽性反応が出ます。

妊娠検査薬 陽性反応

陽性の場合は2本のマドに印が出ますし、陰性の場合は1本しか印が出ません。

2本出ているんだけど、かなりうっすらという、微妙な陽性反応の時があります。これって陽性なのかわかりにくい…というほどの薄さであれば、3日後にもう一回やってみましょう。

その段階ではっきりと陽性反応が出ているなら、2週間ほど経過してから産婦人科で妊娠しているかを確認してもらうと間違いありません。

 

ちなみに、あまりにも早く産婦人科に行っても、母子手帳交付までは時間があって、心音確認が8週〜10週目くらいに行われ、それから母子手帳交付となりますので、あまり早く行っても検診費用がかさむだけなので、妊娠3ヶ月になる頃に1回いくだけで、検診費用が1回分ですが安くなります。

母子手帳交付後は妊婦健診補助券が発行されますので検診費用は安く済ませられます。

妊婦検診の費用を補助する助成券制度とは?気になる補助額はいくらなのか

 

妊娠検査薬はどこで買う?

妊娠検査薬を買う場合、ドラッグストアなどだと恥ずかしいという時は、ネット通販を利用するのがいいです。

ネットで買えば、ポストに届くゆうメールなどを使って貰えるのでバレることはありませんし、周りには一切わかりません。

また、海外製の妊娠検査薬の場合ですと、箱に入っていないため、かさばらずにすみます。(妊娠検査薬通販サイトはこちら

 

妊娠検査薬は医療費控除になる?
妊娠を確認するために利用する妊娠検査薬ですが、いくら不妊治療をされている方であっても医療費控除の対象にはなりません。そのため、できるだけ安いものを買って確認するのがいいです。

 

-妊娠&出産
-,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.