ちょっとした疑問

イライラせずに子育てを楽しむことができる方法とは?経験から語るヒント

投稿日:

イライラして子育てすると、子どもの性格に悪影響を与えてしまうということが育児書に書かれていますよね?

私も、1人目の育児をしているとき、常にイライラしていて、子どもがSOSを出すまでは、子どもは私のことを「常に怒っているママ」と認識していたようです。

 

なぜイライラするのかを見つける

まず、育児をしていてイラつくという方は、イライラしてしまう原因を書き出してみましょう。

イライラする原因が子どもなのか、旦那なのか、それとも祖父母なのかということを書き出してみます。

おそらく、イライラする原因を見つけることができれば、その原因となることをなくす、減らすなどして対処していくことで、イライラは少なくなります。

ここからは子どもが原因のイライラで、経験したことを紹介します。

 

 

子どもが原因のイライラ

子どもが原因となるイライラって、おそらく育児の悩みに関することがほとんどではないでしょうか。

 

夜泣きのイライラ

例えば、夜泣きをする子どもで旦那が手伝ってくれないということがあったなら、まず夜泣きをしないようにするために小児科に相談してみてください。

私も、子どもが約半年くらい夜泣きをして睡眠時間が3時間とか4時間でフラフラになりながら育児と仕事をやってきましたが、友人に相談したら小児科にいくと薬を処方してもらえるということで小児科に行きました。

すると、カウンセリングみたいな感じで看護師さんにいろいろ質問をされ、医師の診察をして子どもに薬を処方してもらいました。

すぐ夜泣きが治るということはなかったですが、1ヶ月くらいすると夜泣きがほぼなくなり、もっと早く受診すればよかったな…と思ったものです。

 

 

言うことを聞かないイライラ

子どもは育っていく過程で必ずしも思い通りに育たないということ。

特に、子どもの心が育ってくると、嫌なことは嫌と言えるし、好きなことはとことん何時間でもやってしまうということあります。

我が家の子どもがよくやったこととの中で、保育園の帰りに公園に立ち寄ると、友達も遊んでいるため「遊んでもいい?」と聞いてきます。私は、「30分だけね…」と言うのですが、なかなか帰るタイミングを掴めず1時間以上も公園で遊んでしまって、夕飯の準備が遅くなってイライラするということがあります。

それが毎日となると、ママはイライラしちゃうのですが、考え方を変えてみてほしいのです。保育園のお迎えの前に夕飯の準備をある程度済ませておき、1時間くらい思いっきり遊ばせるということ。これは保育園のときだけの経験です。また帰りに思いっきり遊ばせておくと夜ぐっすりと寝てくれますので、育児中のひとときとして楽しみましょう。

 

子どもが習い事をしたい!ということで、周りの友達もいくつか習い事をしているということで、いくつかの体験教室を受講してから、最終的にヤマハ音楽教室に通うことにしました。

子どももウキウキで通い始め、レッスンが楽しくて仕方ないという感じでした。ところが、小学校に入学すると、音楽教室に通うのが嫌になったのでしょう。

レッスン前の練習をしなくなり、私がいくら言っても練習をサボることが増え、私のイライラが増えていきました。

そんなとき、音楽教室の担当講師から呼び止められ、最近の様子がおかしいということを伝えられました。

正直に練習しない…ということを講師に伝えると、練習しなくても全然いいので、今は続けることの大切さを教えてあげてくださいとアドバイスされました。

言うことを聞かないイライラって、育児に関してはいつまであっても尽きない悩みであり、本当にたくさんあると思います。

特に、乳幼児のときの言うことを聞かないって時期ってのは、成長過程の一つ。

  • 片付けができない
  • 食べ物で好き嫌いが多い
  • 買い物にいくと必ず欲しがる
  • おもちゃ売り場で欲しいと泣く
  • ものを大切に使えない

など

これらは必ず出てくるものです。

この悩みのほとんどは、乳幼児特有のもので小学校くらいでなくなるものばかりです。思春期まで続くというものは

  • 片付けできない
  • 欲しいものを我慢できない
  • ものを大切にできない

ということくらいでしょう。

これはしつけとして親が教えてあげることで解消されます。

親がイライラすると子どもは逃げていきますので、丁寧に教えてあげるのが一番です。

 

食事のイライラ

子どもって離乳食から始まり、普通食になるまでに2歳くらいまでかかりますよね?

刺し身や寿司などの生物に関しては、3歳過ぎまで我が家も与えませんでした。

3人の育児をしてきましたが、1人目は好き嫌いがほとんどなく何でも食べて飲むという感じで、唯一の悩みは味のない飲み物が苦手というくらいでした。

2人目は、白いごはんと野菜が嫌いで、ふりかけと肉、魚で幼少期を過ごし、牛乳が嫌いで味のない飲み物が嫌いという感じで育ちました。

3人目は上の子たちの経験から、味のある飲み物を飲ませず、幼少期から麦茶を与え、野菜も肉も魚もバランスよく食べさせてきました。子どもが嫌いという定番のピーマン、ナス、セロリなども食べられます。

ところが、果物、甘いものが大嫌いということになり、保育園のおやつが食べられず、小学校に入学してようやく果物が食べられるようになりました。未だに甘い飲み物を好まず、炭酸は飲めないという状態です。

好き嫌いって、私の経験から言うと親の作るもので変わると思うんです。

自分の子どものときを考えてみて思うのですが、私の母はモツとレバーを自宅で料理して食べさせることがなかったんです。そのため、私は今でも内臓系の肉とか食べられません。

我が家の旦那さんは、母が豚肉の料理を作らずに育ったらしく、牛肉と鶏肉は食べられますが、豚肉だと食べません。

こういう作る人の好みで変わってくるということです。なんでも作って食べさせるということができると好き嫌いのない子どもになってくれますよ。

 

夜寝ないイライラ

きっと1回はあるでしょう悩みが「夜なかなか寝てくれない」ということ。

夜寝てくれない…という悩みですが、子どもが体を動かす時間が短いということがあげられます。言うことを聞かないイライラのところで公園の話をしましたが、この夜寝ないイライラを解消する方法がまさにこれです。

寝てから片付けよう…と思って、9時すぎに一緒にベッドに入っていると自分も寝てしまって夜中3時に目が冷めて…ということが多々ありました。

けれど、仕事を家でやるようになって、どうしても子どもが寝てからも仕事をしなければならないとき、添い寝はできません。そうすると、保育園の子どもなのに23時にしか寝ない、朝起きられないという悪循環で育児をしました。

小学校に入学する前、この23時就寝というものを修正するのがとても大変でした。

できれば、添い寝でいいので一緒に寝て朝4時とかに起きて家事と自分の時間を作るという朝型生活をしたほうが子どもにとってはいいということです。

 

 

育児中のイライラを解消する

もし、育児中のイライラがなかなかおさまらないというときは、子どもを一時保育にあずけてみましょう。

子どもと丸一日離れてみて、1日まったり好きなことをして過ごすとストレス解消になります。

もし叶うなら、親に子どもを預けて旦那さんとデートに行ってもいいと思います。

子どもと離れてみて、子どものことを考えるようならイライラは少なくなっていると思います。

1日預けてもまた翌日にイライラするなら、また預けて見るという感じで、一人になる時間を作ることでイライラが解消されます。

また、パートで働くという方法で保育園に預けるのもありでしょう。

子どもが原因のイライラって、必ず対処法がありますので、悩むなら市役所に必ず設置されている育児相談や産婦人科などの育児相談などを上手に活用することが大切です。

一人で悩む必要はありませんよ(*´ω`*)

また、上記の方法をすべて試してみたけどそれでもイライラが止まらないというときは、ママの状態を病院に相談するということも検討してみてはいかがでしょうか。

とにかく一人で抱え込まないことが大切です。

 

 

 

 

-ちょっとした疑問
-, ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.