家計見直し

妊娠したらすぐに始めたい!家計見直しをして将来に備えることが大切

投稿日:

妊娠すると、これからお金がたくさん必要になる場面が出てきます。

共働きだから大丈夫…ということではなく、共働きだからこそしっかりと家計を管理しておかないといけない時代に突入しています。

将来かかる子供の教育費をしっかりと貯めておくためにも、妊娠を機に見直しをしてみませんか?

 

妊娠したら家計簿をつけてみる

最初にやってほしいのが支出を把握するための家計簿です。固定費をいくら払っているのか、生活費をいくら払っているのか?を把握するためなので、手帳にメモ書きでもいいです。

手間って思う方は1週間分、まとめて記載してもいいです。しっかりと1ヶ月分書き出してみてください。

そして、月末に収入から支出を引いて黒字なのか赤字なのかを確認することからはじめてください。

 

 

おすすめの家計簿は?

私がずっと使ってみてやはり便利だなと思ったのが無印良品のバーティカルタイプの手帳。

使い方はいろいろあると思いますが、私は主に生活費支出の記載に使っています。

毎日のことが時間で管理できる手帳ですが、これが家計簿としてとても使いやすいのです。

食費は8時〜12時の欄に記載し、その他支出は12時〜9時の欄に記載します。メモ欄に日計を書き、1週間の最後の日に週計と月計の記載をしておきます。

メモ欄は広さが十分ありますので、その日のご飯のメニューや気付きを書いておくことができます。日付の上には予定を書いておくといいでしょう。

こういう感じで使ってみてください。

※手帳という特性上、販売時期が限られています。1月始まり、4月はじまり、9月始まりなどがあるので、欲しいと思ったときには売り切れになっていることもあります。

 

 

払っている支出を見直す

家計簿を1ヶ月つけてみたら、次は見直しをしていきます。最初は、毎月払っているものの見直しをします。

払っているものを1個ずつ見ていき、生活に欠かせないものを確認します。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 税金

これは絶対に欠かせないものなので外すことはできません。

しかし、これ以外で契約しているすべての支出をみてください。

 

定期購入のもの

ネット通販で買っている化粧品やサプリメントの定期購入。何回か買っているけど段々と溜まってきているという場合は、解約も検討してみましょう。

定期購入は確かに安く買えるのですが、2ヶ月に1回自動的に送られてくるというデメリットもあり、自分でお届け日を変更しない限りずっと送られてきます。もし溜まってしまう場合、解約することも検討してみましょう。使い切れないものを買って手元に置いておくことはムダという認識を持つべきです。

 

食材宅配

共働きで忙しいということで申込みした食材宅配。本当にこれを使ってお得になったかを考えてみましょう。いくら便利なものとは言われていても、買った食材をムダに捨ててしまっているようなら解約を検討すべきです。

 

ウォーターサーバー

妊娠して、赤ちゃんを迎える準備で申込みしたウォーターサーバー。これ本当に必要なのかもかんがえてみてください。確かにあると便利ではありますが、水を買う事になっていると思いますので少なからず支出があり、生活に欠かせない頻度で使用していないのであれば解約も検討してみましょう。

 

会費のかかるサービス

例えば、年会費のあるクレジットカード、動画配信サービス(VOD)や、会費の発生するサービスを利用している場合、それが本当に必要かどうかを考えてみてください。

年会費のかかるクレジットカードを持っている理由はなんでしょう。ステータスのため、自己満足のために持っているということなら解約を検討してみましょう。クレジットカードは年会費無料のもので十分足りるはずです。

VODサービスですが、Hulu、FOD、U-NEXTなどサービスはいっぱいあります。しかし、いくつも利用している必要はあるかを考えるのです。なんとなく利用しているのであれば、1サービス月1,000円であっても年間12,000円もムダに払っていることになります。

あと年会費のかかるサービスでなんとなく入ってしまって今は使ってないものがあれば解約または退会するのがベストです。1,980円でネットのサービスを得ているという場合、本当にそれを使いこなせているかも考え、いまいち使えてないならすぐに解約しましょう。

 

 

携帯電話

夫婦で携帯電話を持っているのであれば、その料金をみてください。大手キャリアの携帯を2台契約しているなら、今すぐ格安SIMに乗り換えて月々の支払いをカットすべきです。

大手キャリアで2台契約していると13,000円くらいは払っているでしょう。しかし、格安SIMに乗り換えすれば4,000円くらいになり、月9,000円、年間108,000円も節約することができます。

乗り換え時期によっては違約金が発生するのですが、違約金が発生したとしても月9,000円も安くなることは結果的に安くなることになりますので躊躇せずに乗り換えを検討しましょう。

LINEモバイル

 

家計見直しは1年毎に行う

上記の見直しをするだけで月2〜3万円程度の節約ができるはずです。いろいろなサービスが便利かも…と加入していた方は更に多くの節約ができます。

このように、一回見直しするといかにムダなことにお金を使っているのかが見えますし、甘い誘いにすぐにのってしまう自分への戒めにもなるでしょう。

このような大きな家計見直しは1回やればいいですが、それでも1年経過すると状況が変わっていることがあります。

我が家も年に1回、4月から5月くらいに家計見直しをやっています。そうすると、意外とここはもう少し削れそう…というものがでてきます。

そういう形で見直し、やりくりをしていると、徐々に買うものに対しても考え方が変わってきます。

先日も、フライパンが段々とこびりつくようになってきて、そろそろ替え時かななんて思っていました。我が家は、ここ10年ほどずっとティファールの取っ手が取れるフライパンセットを使っています。セットだと15,000円くらいで一式揃えることができるのです。

2年に1回はセット買いしてきたのですが、今回はセットの中のフライパン1個だけが寿命のようで、他のものはまだまだ使える状態なのです。そこで、いろいろ考えた結果、今回はフライパン1個のみを買い替えすることにしました。

15,000円ほどの出費が3,000円ですんだと言う話です。このように、家計見直しを通してお金に対する考え方がガラリと変わりました。

一つでも参考にしていただけると幸いですm(_ _)m

 

-家計見直し
-, , ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.