ちょっとした疑問

JA共済に加入する方法/農家ではない家庭がJAを利用するための手順のまとめ

更新日:

JA共済への加入を検討しているけどどうやって利用すればいいのだろうか…と思った時、どこに行けばいいのか。農家ではなくても利用できる手順についてまとめておきます。

スポンサーリンク

 

JAを利用する方法

JAですが、基本的に農家の方向けのサービスがメインとなっており、組合員となることで利用できるのが一般的となっています。

ところが、最近では組合員にならなくてもJAの預金口座を開設したり、JA共済に加入したりできるような仕組みができてます。

JAの利用を検討している方は、近くにJAがあるかないかを確認してみましょう。

 

GoogleマップでJAを探してみましょう。

どんなに首都圏と呼ばれている地域であっても、1つや2つは近くのJAがあると思います。

東京都の場合、JA東京スマイルという場所があり、足立区に支店があります。

,[35.4908946275483,139.33185523896486],null,[35.664298880261704,139.6363825216797],11]"]

このように、どんなに都会であっても1つくらいはJAが存在していますので、まず連絡先を調べた上で、平日8時30分〜17時くらいまでの間を狙って、電話で「JAを利用したい」と伝えてみてください。

殆どのJAの場合、電話連絡をすると、自宅に渉外担当という外回りの方が訪問してくれて、必要なパンフレットや書類を持ってきてくれます。

また、遠方で行けない場合には、できる限り近くのJAを紹介してもらえたり、郵送でやり取りをするケースもあります。ほとんどのJAの場合は、渉外担当者(外回りの方)が訪問してくれるので、そこで利用したい旨を伝えればOKです。

 

JA共済の利用

もし子供の教育費のために学資保険に加入をしたい!と考えているなら、インターネット経由でパンフレットや設計書を資料請求することができます。

JA共済は、JA共済連という場所がやっているもので、共済のみネットから資料請求をすることができます。

 

基本的にJAこども共済は、パンフレットを請求するとプレゼントがもらえます。なんと、JA共済の場合、アンパンマンがメインキャラクターになっていますので、欲しい方も多いでしょう。

是非、気になるときはもらってみてください。

その後、JAこども共済の勧誘は必ずありますが、「他社と比較検討中でまだ決めていない」と言えばしつこい勧誘はないはずです。

本当に加入したいと思っているなら、近くのJAに相談することができます。

 

 

JA葬祭は別なので注意!

もし、親に万が一のことがあってJA葬祭を利用したいときは、通常のJAとは違っていますので注意が必要です。

JA葬祭という名前で見ると同じ組織なのかな…と思われるでしょうが、そもそもJA葬祭は別の会社となっています。

特に、最近では株式会社となっているJA葬祭が多くなってきていますので、JAに電話しても対応できないことが多いです。

また、JA葬祭にはそれぞれに会員サービスというものがあり、入会費を払っておくと葬祭費用が割引になるサービスを展開しています。

私も、義母が他界したときにはお世話になっており、全体の葬儀費用からかなり割引をしていただきました。組合員ではなくてもJA葬祭の場合は会員になっておくだけでも優遇されますので、親御さんの万が一のときに備えて加入しておいてもいいでしょう。

 

 

JAは良心的なサービスが多い

私も、JAサービスを長年利用していますが、全体的に良心的なお値段でサービスを利用できるものが多いです。

その理由をあえて言うなら「非営利団体だから」ということになるのでしょう。

そのため、JA共済などは、建物に関する火災保険にしてもしっかりとしたものとなっており、積立式もあれば掛け捨てもあるのです。

民間の株式会社になっているJA葬祭センターにしても、一般的な葬儀屋さんよりも値段も良心的です。色々な意味でも利用価値はあると思いますので、気になる方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

-ちょっとした疑問
-, ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.