ちょっとした疑問

出生届の提出期限に要注意!期限をすぎると罰せられる可能性があります

投稿日:

出産を終え、子供に名前をつけたら必ず出生届を提出することが戸籍法第49条で定められています。

出生届は生まれた日を1日として14日以内に提出することになっていますが…期限を過ぎたらどうなるのかをまとめておきます。

 

出生届は14日以内

戸籍法49条に記載の内容はこちらです。

【届出期間、届出事項、出生証明書の添付】

第49条
  1. 出生の届出は、十四日以内(国外で出生があつたときは、三箇月以内)にこれをしなければならない。
  2. 届書には、次の事項を記載しなければならない。
    一 子の男女の別及び嫡出子又は嫡出でない子の別
    二 出生の年月日時分及び場所
    三 父母の氏名及び本籍、父又は母が外国人であるときは、その氏名及び国籍
    四 その他法務省令で定める事項
  3. 医師、助産師又はその他の者が出産に立ち会つた場合には、医師、助産師、その他の者の順序に従つてそのうちの一人が法務省令・厚生労働省令の定めるところによつて作成する出生証明書を届書に添付しなければならない。ただし、やむを得ない事由があるときは、この限りでない。

 

子供が生まれた日を1日目とし、14日以内に提出することが義務となっています。

海外での出産の場合は3ヶ月以内となっています。

 

住民票のない場所での出生届の提出

里帰り出産など、住民票のない場所で出産をした場合に出生届はどうすればいいのでしょうか。

基本的に出生届は住民票のない市町村役場で受付はしてもらえます。そのため14日以内に出せない(期限に間に合わないかもしれない…)場合は、近くの市町村役場に出しておきましょう。

ただ、事前に実家で里帰り出産をするのであれば、実家の住所のある市町村役場で出生届を出すと、自分の住んでいる役所に伝えておくことが大切です。この連絡をひとつだけいれておけば、出産後、出生届は実家の住所のある市町村役場で受理してもらえ、スムーズに赤ちゃんの住民票の作成が行われます。

しかし、間に合わないと思って慌てて連絡をせずに他市町村の方が出生届を出しに行くと、住民票は住んでいる地域から発行されることになるため、子供の住民票はすぐに発行手続きが行われません。

未熟児などで医療行為が必要になる場合、住民票の発行はとても大切な手続きになりますので、覚えておくといいでしょう。

 

 

乳児医療証と児童手当の手続きも忘れずに!

基本的に住んでいる地域の役所に出生届を出すと、出生届の提出後、すぐに乳児医療証、児童手当の手続きをすべて1回で終わらせることができます。

しかし、実家のある市町村役場で出生届を提出すると、乳児医療証と児童手当の手続きを完了することができません。

つまり、二度手間になってしまうのです。

※公務員の方のみ、児童手当の手続きはお勤め職場で行います。

 

出生届14日過ぎての提出のペナルティ

出生届ですが、生まれた日を1日と数え、14日以内に提出できなかった場合、どうなるのでしょうか。

それは、過ぎた日数にもよるのですが、戸籍届出期間経過通知書という書類に遅れた理由を明記することになっています。あまりにも日数を過ぎている場合には、簡易裁判所から5万円以下の罰金が課せられることもあります。

 

ちなみに、名前が決まらないという理由で14日以内に出せないという理由もあるようです。もしお子さんの名前をなかなかつけられずに期限を迎えそうな場合には、役所に申出て、名前の部分を空欄で提出しておき、名前が決まった段階で再度、名前の部分のみを後日届け出することもできると、電話で教えてもらいました。

つまり、きちんと生まれたことを届けてほしいということになっていますので、しっかりと忘れずに届けてください。

 

-ちょっとした疑問
-, ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.