妊娠&出産

妊婦健診補助券とは?健診費用は無料になるというのは勘違い

更新日:

上の子のときにはなかった妊婦健診補助制度。

今、本当に凄い少子化対策なのか、健診費用がほぼかからないって凄い時代になりましたね。

でも、完全に無料になるわけではないということについて。

 

妊婦健診補助券を使っても無料にはならない

私、勘違いしていたのか、妊婦健診補助制度って健診費用がすべて無料になると思っていました。

ところが、自治体毎に上限の妊婦健診費用が決まっていてそれ以上かかると実費で支払いすることになるというのが制度の中身なんですね。

こちらは西宮市の妊婦助成についての内容。

引用すると

【助成回数】14回(1度の妊娠につき14回の助成です。双子等の多胎は1度の妊娠として扱います。)
【助成額】 合計助成額 82,000円
(内訳)

11,000 円券2枚 :上限11,000円/回(消費税含む)
5,000円券12枚 :上限5,000円/回(消費税含む)

となっています。

つまり、妊婦健診の合計額82,000円までの補助ということなんですね。

しかも、通常の健診の補助は上限が1回5,000円なので、これ以上かかる産婦人科に通う場合は実費になるというわけです。

 

周りのママさんいくらかかった?

そこで、私の周りのママ友さんに協力していただき、妊婦健診の費用がどのくらい実費がかかったのかをアンケートしてきました。

 

Tさん初参

    • 【お産した都道府県】茨城県
    • 【健診1回目】0円
    • 【健診2回目】0円
    • 【健診3回目】0円
    • 【健診4回目】0円
    • 【健診5回目】0円
    • 【健診6回目】0円
    • 【健診7回目】0円
    • 【健診8回目】0円
    • 【健診9回目】600円
    • 【健診10回目】0円
    • 【健診11回目】0円
    • 【健診12回目】1,600円
    • 【健診13回目】1,000円
    • 【健診14回目】1,000円

健診支払い額合計 4,200円
病院に支払ったお産費用 46万円

合計 464,280円

※出産一時金で42万円が支給されますがお産費用からは引いてません。

 

Fさん初産

    • 【お産した都道府県】広島県
    • 【健診1回目】5,000円
    • 【健診2回目】4,000円
    • 【健診3回目】10,000円
    • 【健診4回目】5,000円
    • 【健診5回目】6,000円
    • 【健診6回目】6,000円
    • 【健診7回目】9,000円
    • 【健診8回目】8,000円
    • 【健診9回目】6,000円
    • 【健診10回目】6,000円
    • 【健診11回目】10,000円
    • 【健診12回目】5,000円
    • 【健診13回目】4,000円
    • 【健診14回目】なし

健診支払い額合計 84,000円
病院に支払ったお産費用 54万円

合計 624,000円

※出産一時金で42万円が支給されますがお産費用からは引いてません。

 

Hさん初産

    • 【お産した都道府県】神奈川県
    • 【健診1回目】13,000円
    • 【健診2回目】8,000円
    • 【健診3回目】8,000円
    • 【健診4回目】10,000円
    • 【健診5回目】9,500円
    • 【健診6回目】8,000円
    • 【健診7回目】8,000円
    • 【健診8回目】6,000円
    • 【健診9回目】8,000円
    • 【健診10回目】8,000円
    • 【健診11回目】7,500円
    • 【健診12回目】7,000円
    • 【健診13回目】なし
    • 【健診14回目】なし

健診支払い額合計 109,000円
病院に支払ったお産費用 102万円

合計 1,129,000円

※出産一時金で42万円が支給されますがお産費用からは引いてません。

 

比較してみると、関東の産婦人科ってめちゃくちゃ高いですね。検診費用だけでも妊婦健診助成を使っても実費で10万円を超えてますからね。お産に至っては100万円以上かかる…ってなんでしょう。

100万円以上のお産って特別室に入れる費用だと思います。それくらい高いなと感じます。

私は関東近郊ではないのでこの費用を出せる家計状況が凄い!と思いますし、都会はお金がかかるなというイメージがあります。

もし、お産費用が高くつくな…と思う方は、(実家が地方なら)里帰り出産してもいいのでは?と個人的には思います。

 

-妊娠&出産
-,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.