妊娠&出産

里帰り出産するか、里帰りしないで出産するかを決めるヒント

投稿日:

はじめてのお産となると、やはりいろいろなことが不安になります。

その中で不安となることは、出産をどうするか?でしょう。実家のお世話になる、つまり里帰りして出産するか、それとも今いる場所でそのまま出産するか。

この選択についてのヒントを体験談で紹介します。

スポンサーリンク

里帰り出産するか、しないかはいつまでに決める?

里帰り出産をするかしないか。

これを決めるには、まずご自身の生活状況、実家の生活状況が大きく関わってきます。

自分が里帰り出産をするか、しないかを決める期日は意外と早くやってきます。

産婦人科の方では、実家で出産を希望すると転院するための紹介状を書いてくれますが、妊婦さん(母体)の安全を優先する上で遅くても30週までに実家に帰っているのが好ましいと言われます。

妊娠30週というのは、ちょうど産前休暇の目安となるときで、妊娠8ヶ月目に入っています。

ただし、これはあくまでも妊婦側の話。問題なのは、里帰りしたときに出産をする病院を探すことにあります。

もし、里帰りするとして、30週になっていきなり実家近くの産婦人科でお産をしようと思って病院に連絡しても、予約で埋まっていて受け入れできない!ということがあるのです。

少子化だからなんとかなるか…という安易な考えで妊娠30週まで産む病院を決めないのはダメってことです。

じゃあ、いつまでに里帰りするかしないかを決めるのか。

できれば、妊娠5ヶ月くらいまでに決めるということ。遅くても妊娠6ヶ月くらいには里帰り出産をするか、しないかを決めてください。

産婦人科によっては妊娠30週になるまでに1回検診を受けてほしいと言われるところもあり、もっと厳しいところだと妊娠20週までに1回病院に来て診察を受け、お産予約をすることを推奨する病院もあります。

 

なかなか決められない!里帰り出産のこと

これは、私の経験上のことですが、上の子がいて不安が大きく里帰り出産をしたいけれど、なかなか決めきれないという場合があります。

また、旦那さんのことが心配で帰ることに抵抗を感じるという方もいるでしょう。

そういうとき、不安が大きいのであれば、そのまま今の場所でお産をして、実家のご両親からサポートに入っていただくというのがいいのではないでしょうか?

自分の身の回りのこと、これをやってもらうのは自分の母がいいでしょうし、退院してからの1週間健診までは誰かが家でサポートしてもらったほうがいいのは確かです。

不安を持ったままお産することは良くないので、迷うなら帰らない!と決めるのも一つの方法です。

 

夫婦できちんと話し合いしてほしい!

里帰り出産をするか、しないか。これは一人で決めていいことではありません。

必ず夫婦で話し合いしてみてください。旦那さんは安心してお産をしてほしいと思うはずなので、自宅での出産よりも、奥さんの実家での里帰り出産をしたほうがいいと思っているかもしれません。

そういう意見を必ずお互いに話し合いするのが最もいい方法。そこで、意見が合わず困ったときは、お互いの実家に相談をしてみてほしいのです。

奥さんにしてみれば、(一般的に…ですが)旦那さんの母親に産後のサポートをしてもらうよりも自分の母親にサポートしてもらったほうがいいはず。

しかし、旦那さんにとってはその逆と思っているはず。そういう意見が違ってくるのは当然なので、きちんと話し合いしてほしいのです。

実際にあった体験談

これは、私の身内に起こった体験ですが、妊娠するまえに旦那さんの親と喧嘩になったことがあって、奥さんは旦那さんの親を家に入れることを拒み、それから旦那さんの親とは疎遠になりました。

その後、妊娠がわかり出産を迎えました。奥さんは里帰り出産をしない選択をして、自分の両親にサポートとして家に来てもらうことを一人で決めました。

しかし、旦那さんは自宅に奥さんの両親が寝泊まりしている姿を見て自分の親が泊まれないのに…という不満があったのでしょう。夜中に大げんかして「なぜ俺の両親がここに泊まることを拒否するのか?」と産後の奥さんに文句を言い始めました。

その次の日の朝、奥さんの両親は心配だったものの、即帰ってきたということです。(本来は3週間の滞在予定だったのが5日のみの滞在だったそうです)

その後、旦那さんの親は孫の顔をみて日帰りで帰っていったそうです。

これを聞いて、やはり里帰り出産をするかしないか、これを決めるときには夫婦がきちんと話し合いして、両親にも報告しておけば、こういう事態は防げたのかな…と思いました。

 

 

-妊娠&出産
-,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.