教育費

年収400万円の我が家が加入できる(掛けることができる)学資保険はどれか?

投稿日:

学資保険というものの必要性をひしひしと感じているわけですが…

しかし、年収400万円の我が家が、どうやって毎月の固定費となる学資保険を算出していけばいいのかもとても迷います。

そこで、年収400万円の我が家がどのくらいの学資保険に加入するのがいいのか、毎月の掛け金はどのくらいが妥当なのかを考えてみます。

スポンサーリンク

年収400万円の家庭の家計比率

先日からずっと学資保険、子どもの教育資金のことがとても気にかかるようになりました。

それもそう…

我が家の上の子は来年中学生になります。

となると、今は公立の小学校に通っていて、毎月の学費は約7,000円くらいの引落ですが、これが中学校になると倍の14,000円くらいまで跳ね上がるという話をママ友さんから聞いてます。

またお腹にいる子どもが生まれて1歳になったとき、保育料もかかってきます。

となると、固定費がおのずと今よりも単純計算で10,000〜20,000円は増える見込みになります。

これを考えると、学資保険に毎月10,000円の支払いを今後18年間継続するということがとてもしんどいと思っています。

そこで、色々な学資保険とか家計管理の本を読んでいて、横山光昭さんの本を手にしました。

そこには家計には黄金比率というものがあり、それぞれの家庭で目安となるものがあるというのです。

 

この中で我が家が一番近いのが…

こちらの事例になります。

この中にある「保険料6%」というのが掛けても良い保険の割合ということ。

今、我が家は医療保険の掛け捨てで月8,000円の支払いがありますので、年収400万円の家庭は月に直すと約30万円です。

この割合にピッタリあい、残りが10,000円となります。

これが我が家の学資保険の掛け金ということになりそうです。

※上の子の学資保険は親が全期前納してくれているので毎月の掛け金はないのです…(とてもありがたいと感謝です)

 

月10,000円で加入できる学資保険

学資保険ってよく満期金で選ぶという方がいると思いますが…

我が家は掛けられなくなるリスクを最小限に抑えたいので、掛けられる金額を先にだし、そこからいくらの学資保険に加入できるかを考えることにしました。

何よりも、私も主人もそろそろ40歳が近く、親の年齢に応じて学資保険ってのは掛け金もあがるわけですよね?

となると、1日でも早いほうが有利というわけなので、生まれてくる赤ちゃんに掛けるときは私名義で加入することになりそうです。

アバウトではありますが、月5,000円の掛け金で約100万円と言われていますので、おそらく月10,000円の掛け金なら200万円の学資保険に加入ができそうです。

で、考えるべきは学資保険が有利なのか、自己積立が有利なのかです。

そこで、簡単に資産をしてみました。

 

学資保険の場合

10,000円という保険料を考えて、まず18年間積立すると…単純計算で216万円が貯まります。

しかし、学資保険という特性上、満期金200万円という形になりますので、当然ながら掛け金は200万円以下となります。

  • 返戻率105%の場合:190万円
  • 返戻率108%の場合:185万円
  • 返戻率110%の場合:181万円

という感じになります。

 

積立の場合

積立の場合、単純ではないのですが…

計算するのがとても手間なので便利なサイトを使いました!

 

10,000円ずつ12ヶ月、18年間積立した場合

利息を含めて216万円が受け取りできます。

利息は…わずか1,477円ですね…汗

 

これをみると学資保険で毎月掛け金を払い続ける方がオトクというわけです。

となると、やはり学資保険の設計プランを出してもらい、きちんと加入するための情報収集をしなければいけないと思いました。

 

学資保険の情報収集

まずやるべきは、加入予定の学資保険の資料集め。

  1. JA共済
  2. 明治安田生命
  3. ニッセイ
  4. ソニー生命

この4つが、現在、元本割れしない学資保険の会社になります。

次に、学資保険の受取がどのようになっているかを確認。

学資保険を加入するときに考えるべきは保険金の受け取り時期です!

先程あげた保険会社は基本的に学資金として5回受け取れることになっています。

上の子はJA共済のこども共済に加入していますが、満期金300万円で18歳〜22歳まで5回に分けて60万円ずつ受け取れることになっています。

国公立ならこれで年間の授業料が完全にまかなえるというわけ。

ソニー生命、ニッセイ、明治安田生命も保険金を5回にわけて受け取れるというタイプの学資保険もあるし、一括で受け取れるものもあり、自分のお子さんがどうい場所に進学するのかで加入するプランが変わってきます。

そして、あとは払込する方法を選択することになりますが、ほとんどの保険会社さんは口座振替のみですがJA共済はクレジットカードで支払いができます。

こういう情報収集も必須になりますので、ひとまずはこれがいいかも…という学資保険の資料請求を先にやっておくといいと思います。

 

 

-教育費
-, , ,

Copyright© 子育てスタイル , 2020 All Rights Reserved.